ジョエル・ロブション、世界一のシェフ、あるいはセールスマンの死!?

週刊ファッション日記 番外編#39

WWDジャパン2015年11月9日号カバーオンカバーより/BY COURTEGY OF WWD JAPAN

世界で最も有名なシェフである、ジョエル・ロブション(1945.4.7~2018.8.6)がスイス・ジュネーブで亡くなった。73歳だった。死因は癌だという。世界一のシェフということになると、アラン・デュカスという大物もいて、意見は分かれるだろうが、とくに、日本ではロブションは絶大な人気を誇るグラン・シェフであった。