スーツの新バランスを実験する!?

モード逍遥#102

筆者はクラシックなイタリアのビスポークスーツを愛する者だが、必ずしも現在のイタリアから発信されている流行的なスーツに賛同しているわけではない。

とくに最近のピッティで良しとされるスーツのバランスは、首を傾げることのほうが多い。たとえば、極端に短いドレストラウザースの丈やタイトフィットすぎるスーツ上着などを、新しいクラシコの解釈だとする考えには、とても同意はできない。

ありゃ、90年代にクラシコイタリアブームを作った男たちの2代目にあたる息子たちがデッチあげた、父親殺しのデザインである、とすら考えている。