ちょっと贅沢な浪費の後に⁈

モード逍遥#101

浪費は悪いことかもしれない。しかし浪費は、ときに人を贅沢で安らいだ気分に導いてくれることもある。とくに猛暑で頭がおかしくなりそうなときには。

マンションの9階にある住まいの窓という窓、扉という扉をすべて開け放ってみた。

すると開口部から夏の真っ昼間の熱気が押し寄せてくる。とくに北西部に面した窓から入る熱い空気はアフリカ大陸なみだ。

というのも建物北西部の階下には、スポーツジムが入っているからである。