“Byron論客流”おとなの「和」の楽しみ方

夏休みシーズンに入り、外国人ツーリストを見かけることも増えてきました。とくに「和」を感じられる場所やイベントは人気が高そう。日本には日本人もまだ知らない素晴らしい「和」の文化がたくさんあることに気づかされます。

今回は、人気記事から「和」を楽しめるコラムをピックアップしてご紹介します。

Byron論客流、おとなの「和」の楽しみ方が満載。あなたも試してみては?

日本の観光業が賑わう昨今、“城下町に泊まる”として新しい宿の概念で旅人を惹きつけている宿がある。地域再生を願う精鋭たちが実行に移したのは、歴史的価値の高い古民家の再生を...>>>more

個人的には、それほどの権威はないと思うが、「ミシュランガイド日本版」と「食べログ」で高得点をマークすると、やはり客の入りが違うようである。そのため...>>>more

イタリア半島のつま先の、その先に浮かぶシチリア島から、この島に5つのエステイト(=ワイナリー)を所有するタスカ・ダルメリータ伯爵家7代目のアルベルト伯爵が来日...>>>more

毎年恒例となっている『すし処 めくみ』詣でに行ってきた。8年前、初めて石川県『すし処 めくみ』に伺った時、私は取材しながら心の中で小躍りするほど興奮していた。>>>more

6月、ニューヨークで行われたワールド50ベストレストランの発表、授与式で『神保町 傳』の長谷川在祐氏(37歳)がワン・トゥ・ウォッチ・アワード(注目賞)として紹介された。>>>more