ファッション&アパレルと政治、経済、そして技術の決して単純ではない関係⁈

週刊ファッション日記#86

AIや3Dデザインなど、最近IT技術の応用が著しい分野としてファッション&アパレルの分野が挙げられているという。一見すると明るい話題のようだが、それだけこの分野は遅れていたと考えた方が当たっていると思う。

実際、1980年代後半には、通産省(現在の経済産業省)主導で、自動縫製の研究が進められていた。自動縫製が実現すれば、日本のファッション&アパレル産業に画期的な新局面が現れるはずだったが、なぜかそのプロジェクトはいつの間にか消えてしまった。