クラシック音楽が効いている!オススメ映画 vol.1

「この曲、あのCMでも聞いたことがある!」あるいは「この曲、あの映画のサウンドトラックではないか?」など、ふと耳にした音楽に聞き覚えを感じたことはありませんか?

映画には様々な音楽が使われています。今回は、「クラシック音楽が効いている」映画をピックアップしてご紹介。

使われている曲に注目して観てみてはいかがでしょうか。きっとまた違った映画の楽しみ方ができるはず。

1990年代、月に一度はアメリカへジャンケットなるものに出かけた。いうなれば、映画の監督や出演者の取材である。>>>more

1999年のスタンリー・クーブリック監督の遺作となった『アイズ・ワイド・シャット』は、1926年に出版されたアルトゥール・シュニッツラー(1862-1931、『輪舞』の作者である)の...>>>more

映画史上5本の指に入るヴィランである超優秀な精神医学者にして精神病者であり、食人鬼でもあるハンニバル・レクター博士はすごく音楽を熱愛している。>>>more

2000年の深作欣二監督の『バトル・ロワイアル』(英語題 Battle Royale) は、中学生同士が国家の命令で殺し合いをするという衝撃的な内容で...>>>more

ジョージ・ガーシュインはこの曲をわずか2週間で書き上げたという。ただ、当時のガーシュインはまだオーケストレーションに精通しているといえなかったので...>>>more

1955年のマリリン・モンロー主演、ビリー・ワイルダー監督のコメディ『七年目の浮気』(原題The Seven Year Itch)は、ジョージ・アクセルロッドの同名ブロードウェイ舞台劇を...>>>more