鎌倉・明月院の紫陽花はなぜ格別美しいのか!?

こんもりと咲く姫紫陽花。明月院の90パーセントがこの姫紫陽花で占められている。手毬咲きで、明るいブルーの色をしている。/Photo:Ayako Goto

花とアール・ド・ヴィーヴル#39

紫陽花といえば鎌倉の明月院に、一度は行かなければならないだろう。以前は日本にいないということがあったが、ここ数年は行こうという気があれば行けたはずなのに、人出が多いという理由で避けていた。

でも今年は違う。行きたいという気持ちになったのだ。今の季節は紫陽花の他に、花菖蒲も、また明月院のすぐ近くの東慶寺では珍しい岩絡みや岩タバコも見られるということがわかって、北鎌倉に出かけた。