『ボッテガ・ヴェネタ』のマイヤー退任を機にこれだけは知っておきたい!”ラグジュアリー・ブランド”って何だ!?

「ボッテガ・ヴェネタ」のブティック/Photo:Sorbis / Shutterstock.com

週刊ファッション日記#82

ラグジュアリー(LUXURY)・ブランドなんて、なんとなく使っているジャーナリストがたくさんいるが、大学でファッション・ビジネスを学生に教えるようになって自分なりにきちんと考えてみると、いろいろなことが分かってくる。簡単に言うと、「ラグジュアリー」とは、1989年にベルナール・アルノーがLVMH(モエ ヘネシー ルイ・ヴィトン)の実権を握ってから登場したブランド・マーケティングの「概念」だ。

今回イタリアのラグジュアリー・ブランド「ボッテガ・ヴェネタ」のクリエイティブ・ディレクターのトーマス・マイヤーが17年の在任期間にピリオドを打って退任し、その後任にはセリーヌのデザインチームにいたダニエル・リーが就くことになった。これを例に挙げて、「ラグジュアリー」の概念について説明してみる。