ブラッドオレンジ香るクリーミーな新作シャンパーニュ『R.S.R.V.ロゼ・フジタ』

Photo:Tadayuki Yanagi

ワイン縦横無尽#38

ランスのメゾン、G.H.マムから新たなロゼ・シャンパーニュが登場した。その名も「R.S.R.V.ロゼ・フジタ」。フジタとはエコール・ド・パリを代表する画家であり、今年没後50周年を迎えたレオナール・フジタこと藤田嗣治である。

フジタとマムの繋がりは深い。第二次大戦後、戦争協力者の汚名を着せられたフジタは日本を捨て、55年、フランスに帰化。59年にランスの大聖堂でカトリックの洗礼を受け、その時、フジタの洗礼親になったのがフジタの友人であり、当時のマム社社長、ルネ・ラルーだった。