ウォッシャブル・ニットポロシャツから見るユニクロのオリジナル性とは!?

モード逍遥#93

トーマス・マイヤーとユニクロの競作が話題になっているが、この春夏、筆者がもっとも感心したユニクロ製品は、ウォッシャブル・ニットポロシャツであった。

ニットポロシャツといえば、英国のジョン・スメドレーなどが有名で、その特徴は高額であること。そして海島綿やスビンコットンなどの超長綿が使用され、着心地がソフトで、上品な雰囲気が醸し出されることにある。

だが、欠点がないわけではない。それは、素材が上質すぎて、家庭用洗濯機では洗えない点である。

ユニクロは、まさにこの点を巧妙に突いて、新製品を創造したといえよう。