怪奇と幻想の世界というよりカラフルなおとぎ話だった新国立劇場のオペラ『ホフマン物語』

週刊ファッション日記 番外編#32

ジャック・オッフェンバック(1819~1880)という作曲家は、残された写真を見るとちょっと容貌怪異だが、「狼目の男」と呼ばれていて、彼に長時間凝視されると寿命を縮めるという迷信、今でいうところの都市伝説が当時のパリでまことしやかに語られていたという。