ピーター・セラーズの「笑わない演技」に唸るしかないコメディ『チャンス』の神話性を高める『ツァラトゥストラかく語りき』

ピーター・セラーズの「笑わない演技」に唸るしかないコメディ『チャンス』の神話性を高める『ツァラトゥストラかく語りき』

オトコ映画論#96

ハル・アシュビー監督作品『チャンス』(原題Being There)は、数10年間ひたすら庭いじりだけを仕事としてきた俗世間を知らない庭師が、その純真無垢な精神ゆえに知らぬ間に大統領候補にまでなるという強烈な社会諷刺や皮肉を含んだコメディ映画だ。