子育ての苦悩と共に疾走する康本雅子5年ぶりの新作『子ら子ら』

康本雅子「子ら子ら」より。(撮影:松本成弘)

アートうたかたの記#20

1990年代より日本のコンテンポラリーダンスシーンの最先端を疾走し、次男の出産後しばらく子育てに専念していた康本雅子が、昨秋5年ぶりの新作を京都で上演した。そしてこの2月には待望の横浜公演の開催が決定している。