首輪じゃないのよマフラーは!?

バルマカーンコート、トレンチコート、チェスターフィールド調コートなどのトラッドなコートには、ほんらいカジュアルな巻き方はふさわしくない、と筆者は考える者である。しかしながら近年、くだけた巻き方がなぜビジネスマンの間で流行し始めたのだろう。

で、身近にある百貨店でビジネスコートを試着すると、納得がいった。なんと、衿みつの部分にマフラーを挟み込むゆとりがなかったのである。

これでは、スーツとコートの間にマフラーを入れると、首の後が窮屈になり、とても不快な着心地になってしまう。なのでビジネスマンの方々は、コートの上から首に直接マフラーを巻かざるをえなかったのであろう。

トラッドなビジネスコートやフォーマルコートにマフラーを巻く場合は、ウエルドレッサーとして知られる横浜信濃屋の白井俊夫さんのように、一重に巻いてから結び目の形を整えて前に垂らす方法が素敵だ、と思う。

また一般的には、首にかけて垂らしたマフラーを左右で合わせ、コートの衿端から少しのぞかせるという方法も普遍的だ。これも品良く映り、エグゼクティブに推しである。

マフラーはコートの下に挟むのが基本/Photo:Shuhei Toyama

しかしながら、なぜマフラーを入れる隙間がないほどタイトなビジネスコートが世間に蔓延してしまったのだろう。

その要因のひとつとして考えられるのは、アパレルの商品企画者が、百貨店まわりの営業担当者の言いなりになっているからではないだろうか。営業マンは売り場スペースを確保するために、取り敢えず売れているモノ、今動いている商品を目ざとく見つけて企画者に報告する。

「今はタイトフィットが売れてるから、ロングジャケットみたいなコートを作って欲しい。着丈も短いほうが動いてるぞ」と、企画者のデザイン領域を犯すようなアドバイスを強いて、結果どこも同じような妙チキリンなコートばかりが売り場に置かれることになってしまったのだと思う。

以前ファッションクリエーターの大御所・赤峰幸生さんに、重さが1kgもある伝説的なダッフルコートを開発したときの誕生秘話をうかがったことがある。

「たいへんな手間と努力をして作った自信作のダッフルコートを企画会議で披露したら、営業のトップがこんな重たいコートはどこにも売れないからやめろと難癖をつけてきました。ぼくは頭にきて、サンプルのコートを持って当時一番お洒落だったシップスの、バイヤーの責任者に直接売り込み行ったのです。するとその場で気に入ってもらい、小口の商談が成立した。それから徐々に評判が口こみで広がり、定番品として地位を獲得していったのです。モノ作りというのは真剣勝負。企画者はときに捨て身になる覚悟をしないと、長く売れるモノは出来ないのだと思う」と力説しておられた。

まったくその通りで、一時的に売れればいい的な安易な商品企画を続けると、結局、売り場が均一化し、長い目で見るとどこかでそのツケがまわってくるのである。

ところで最近、英国で250年もの間、良質なマフラーを製造している『ジョシュア・エリス』のセールスディレクターにして、英国スタイルの伝道師でもあるヒロ・ヤマグチさん(モード逍遥#34にも登場)に、マフラーに関する面白い話を聞いた。

「タータンチェックというのは、紋章のようにジェントリー階級に与えられた柄なんですね。ブラックウォッチ・タータンという日本でも人気のマフラーの柄があるのですが、直訳すると『暗闇を見つめる』となる。つまりあの柄は、スコットランドの国境周辺で外敵が侵入するのを監視する役割を担った地方の豪族に与えられた特別な柄なんです。こうした歴史的な観点からすると、ブラックウォッチという柄はミリタリーコートとたいへん相性がいいということになる」

てなわけで今シーズンは、元祖軍モノ・コートとして有名なバーバリーの定番トレンチコートにブラックウォッチのマフラーを巻くのも一興。どうせならジョシュア・エリスのカシミアマフラーを紹介しよう、と思ったら、なんとヒロさん「ゴメン! ブラックウォッチは来年秋冬のサンプルしかないんだ」だと。

トレンチコートにはブラックウォッチが似合う/Photo:Shuhei Toyama

しかしながら、ときに商売を忘れてまで正論を語る人を、筆者はとても信頼してしまうのである。

Photo:Shuhei Toyama
※カシミアのマフラーは2点ともジョシュア・エリス