“狭さ”で有名な⁉︎シンガポールのヘリテージホテル

宿泊者の欲望#91

シンガポールのチャイナタウンに、ひときわ目立つ小さなホテル「ホテル1929」がある。真っ白な外壁がなにやら人を吸い込むように引き寄せる建物は、狭さでも有名になったホテルである。

初めて泊まったのは、2003年2月のホテルオープンからほどなくした時、まだピカピカの改装後だった。良く笑い話に、「ベッドの上で何でもできる、シャワーもね」と、その当時はホテルの部屋の狭さを笑っていた。狭いとか古いとかいう人もいるが、むしろ、今はリピーターが増え、洒落た自分のアパルトマンのように使うビジネスマンが増えている。