人口242人!? おとぎの国に迷い込んだようなノルマンディの小さな村、ブーヴロン・アン・オージュ

花とアール・ド・ヴィーヴル#23

パリから日帰りで行ける旅は、やはり距離的にも近いノルマンディ地方がお勧めである。パリっ子の高級リゾート地として有名なドーヴィル、海に浮かぶような景観で人気のモン・サン・ミシェル、奇岩のエトルタなどは海側にある場所である。一方、内陸に入ると、牧草地には牛が這い、林檎畑が続き、今やチーズの代名詞のようになったが本家本元のカマンベールの産地もあり、牧歌的で滋味に溢れた豊穣な土地が広がっているイメージが強いかもしれない。

しかし内陸には、海側のダイナミックさや華やかさのある、いわゆる観光地として脚光を浴びるようなものはないが、訪ねて行って良かったと思える大変魅力的な小さな村がある。「ブーヴロン・アン・オージュ(Beuvron-en-Auge)」である。