シドニーの一等地でのんびりゆったり、絶景のパーク ハイアットに出会った!

東京の超高層ビルとは真逆に、街の高さ条例でもあるのかどうか聞き忘れたが、4階建て+ルーフトップという低層建築に驚かされた。横に伸びるR型のビルはレジデンシャルスタイルとされ、落ち着いたアースカラーの外壁、ベージュや白、アイボリー系の落ち着いたパステル調に、黒とこげ茶をアクセント遣いにした内装はシンプルだがスタイリッシュなパークらしい空間だ。

スタイリッシュなホテルのメインエントランス。/Photo:パーク ハイアット シドニー

リニューアルされた40㎡の客室から眺める景色は、どの部屋からも目の前にウォーターフロントとオペラハウスというドラマチックな情景が楽しめる。室内の上質感においては、シドニー最高級ホテルと言われるほど、カスタムメイドの家具やデザイナーこだわりの照明器具、オーストラリアのアーティストによる絵画などで構成され、客室デザインはパーク独特のシンプル&ラグジュアリーの印象を受ける。全客室にあるプライベートバルコニーに置かれたデイベッドに横になり、迫りくるオペラハウスやハーバーブリッジを見ていると、まるで絵葉書か絵画を眺めているようで、計算されつくしたウォーターフロント開発の見事な景観に魅了されっ放しだった。

ここパーク ハイアットのルーフトップにある「The Living Room」からは、低層階ながらシドニーの全貌が見渡せて爽快だ。また1階のラウンジでは、全面ガラスの大きな窓に、向かい側の賑々しいハーバーレストラン街やオペラハウスが迫り、窓の下には海沿いに沿って散策路がある平和な光景が広がる。犬を散歩させる人やジョギングのランナー、カメラ片手に散策をする観光客など、都会とは思えないのんびりとした光景が繰り広げられている。1日中でもこのラウンジのソファに座り、ゆったりとこの美しい景色を見ていたい。

1階のロビーラウンジとしてある「The Living Room」/Photo:パーク ハイアット シドニー

「パーク ハイアット シドニー」は、こうした穏やかな空気に包まれ、ホテル内にまで‘急がない街’の‘のんびり&ゆったり’感が漂っている。客室は全155室。優しい空気感、気取らないサービス、尖り過ぎないモダニズムがホテル滞在を上質にしている。これほど癒されるパーク ハイアットに、かつて出会ったことがあっただろうか…。

画像提供:パーク ハイアット シドニー

■ホテル情報

パーク ハイアット シドニー
7 Hickson Road, The Rocks, シドニー, オーストラリア, 2000
TEL: +61 2 9256 1234
https://sydney.park.hyatt.com/ja/hotel/abridged/home.html