改修工事が目立つパリ、工事の足場を覆う美しすぎる覆い⁈

花とアール・ド・ヴィーヴル#18

パリの街並みの均整のとれた美しさは世界中の誰もが認めるところである。外観が大気汚染で黒ずんだら建物の石を洗い(実際は石をごく薄く削る)、内部が古くなったり使いづらくなったりしたら外観は変えずに内部だけを思い切って全面改装するなど、これまでいくつかの例を見てきたが、今また改修・改装工事がパリのいたるところで行われている。歴史的建造物ばかりでなく、そこに暮らす人が使いやすいように、また経済効果を考慮しながら少しずつ姿を変えている。