猛暑だからこそ生まれた!? 夏に飲む日本酒“夏酒”

佐渡からの日本酒通信#30

Photo:shutterstock /Nishihama

暑い日が続いています。いわゆる、猛暑。

以前、暑い夏は日本酒業界から嫌われておりました。なぜなら、お酒の売り上げが落ちてしまうから。冬に仕込むためか燗酒のイメージのせいか、日本酒というと冬の飲み物という認識が巷には多く、夏は日本酒の出番が少ないものでした。一部メーカーでは10年位前から夏の販促について動きが出はじめてはいたものの、大きなムーブメントにはならないままに、厳しい夏と厳しい売り上げの繰り返し。そんな中、大きな熱波がやってきます。