【銀座中毒者100人×100点】デザートだけで作られる口福な世界

エスキスサンクは、銀座5丁目にあるレストラン・エスキスが出店したスイーツサロンです。レストランのシェフ・パティシエを務める成田一世さんの世界が楽しめます。今まで彼のデザートはコースでしか頂けませんでした。成田さんのデザートの魅力はとにかく他にはないオリジナリティーです。2015年に彼とコラボレーションし、私のコースのデザートを作ってもらいました。

銀座は特別な場所です。私は野球少年だったのですが、銀座はそのとき追いかけていた甲子園のような憧れの対象ですね。小十オープン当初は全然お客様はいらっしゃいませんでした。知名度がなかったんです。一番つらかった時でしたね。必死でPRを考え、雑誌に取り上げられてからどうにか軌道に乗ることができました。銀座は日本の“最高”が集まり、お客様が求めるものも“最高”なんです。そういった場所で従業員と一丸となってお店を運営できることを幸せに思っています。

エスキスサンクの「アシェット・デセール」

成田一世シェフ・パティシエは、ASIA’S BEST 50 RESTAURANTでBest Pastry Chef 2017に選ばれたアジアでもっとも注目されるパティシエの一人。彼が作り出すアシェット・デセールは、常時3種類のグランデセールにプレデセールとミニャルディーズが付いたコース仕立て。特にグランデセールの「シュークル・トリュフ」がアイコニックな1皿。クリーム、刻みトリュフ、フランボワーズの泡にマスカルポーネのムースが入った「吹き飴細工」で仕上げた金色の飴の球を、赤ワインのソース、トリュフのキャラメリゼなどが彩りを添える。目にも舌にも楽しめる逸品だ。

店舗情報

エスキスサンク

住所:東京都中央区銀座5-2-1東急プラザ銀座4階
電話:03-5537-7477
時間:11:00~21:00(20:15ラストオーダー)
定休日:東急プラザ銀座に準ずる

奥田透
銀座小十店主

1969年静岡県出身。高校卒業後、静岡、京都、徳島にて約10年間日本料理を学ぶ。2003年銀座に「銀座小十」開店、2007年にミシュランガイドで三ツ星を獲得する。2011年には銀座5丁目に「銀座奥田」を開店。2013年にはフランス・パリに進出し、「OKUDA」をオープンする。著書に『世界で一番小さな三つ星料理店』(ポプラ社)、『本当においしく作れる和食 (きちんと定番COOKING) 』(世界文化社)など。