元撚糸工場のレストランは、言葉と味で、まさに糸を紡ぐ(YArn)料理なのだ!?(後編) : P1940302