酒税が国を支えた時代があった!?

Photo:Nishiyama/shutterstock

佐渡からの日本酒通信#24

新年度がスタートしました。真新しい紺のスーツに身を包んだ新社会人の姿を見ていると、ウン十年前の自分を思い出します。緊張と期待で胸がいっぱいだった新人時代。そんな私の初ワクワクは給料日でした。お給料自体は銀行振り込みなれど、給与明細は手渡しです。ドキドキしながら封を開ければ何やら細かく書いてあり(まさに明細)。所得税、住民税、地方税・・・働くということは、税金を払うということだと納得した瞬間。大人になった自分を自覚した後は、頑張った自分に学生時代は手が出なかった大吟醸で「お疲れ様」。ところで、その日本酒にも税金が含まれているとご存知でしたか?