サヴィーの物づくりの姿勢は、世代を超えて共感してしまう

モード逍遥#39

たまに若く美しい女性たちとお茶などをする機会に恵まれると、ついうきうきして若々しすぎるコーディネートをしてしまうことがないだろうか。こんなとき相方の女性は、「わっ、遠山さんお若いですねェ」などと笑顔で対応してくれてはいるが、内心は『なに色気づいてんだジジィが』と、思っていないとは限らない。 無理して若ぶった格好をするほど男を年老いて見せることはない、のである。

な、わけで、職業柄、若者向けに企画された新ブランドを試すときは、いつも以上に慎重なモノ選びを心掛けている。