あなたの送別会の仕切り、大丈夫ですか!?

Illustration:Nao Sakamoto

心のふきだし#58

3月は、送別会の季節だ。最近はひとつの会社で定年まで働くことが少なくなり、転職も多いので、送別会も以前より頻繁に行われているかもしれない。

大きな会社になると、転勤や部署異動の季節でもあるので、送別会は一番多い時期だろう。

送り出すほうにしたら数多い中の一回だが、送り出される側にとっては人生の中でも印象に残る一日になるのは間違いない。

こういう会を仕切り、幹事役をするといろいろ勉強になる。会社によって、幹事は同じ部署の若手だったり、順番が決まっていたりと、さまざまだろう。けれどこういう会の仕切りは侮れない。入念な準備をしたほうがいいのだ。つい「仕事が優先!」と思いがちだが、こうした会の段取りこそ仕事に直結する大事なノウハウが隠されている。

まずは会場選び。これは出来るだけ早く探したほうが良い。人数が少ないと選ぶのはわりあい簡単だけれど、人数が多くなるとそうはいかない。

出来れば個室、となると大人数では限られている。ましてレストランを貸切ろうとすると、一組でも予約が入っていると出来なくなる。とにかく急ぐに越したことはない。

そのときになって急に慌てないように、ふだんからお店のリサーチは必要だ。ランチなどで足を運んで気になったお店をリストアップしておく。さりげなく夜のメニューを聞いておくといざというときに便利だ。