ここは“ヨーロッパの旅館”である!?熱海のThe HIRAMATSU HOTELS & RESORTS

現在は、三重県伊勢志摩の賢島、静岡県熱海市、神奈川県箱根町の仙石原、そして2018年には沖縄県宜野座にもオープン予定だ。実は奈良県桜井市にも運営受託している『オーベルジュ』がある。清々しい田舎の良さを全て詰め込んだオーベルジュであり、奈良県からの依頼でコンペに勝利しての運営だ。とにかく‘ひらまつ’の躍進が止まらない。

数寄屋造りの家屋内にある特別室「松の間」のリビングルーム/Photo:The HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海

今回、熱海のホテルに向かった。部屋数は全13室。ツイン、ダブルの新築棟の他に、歴史ある数寄屋造りの日本家屋いずれも特別室が2部屋。それぞれに熱海温泉が楽しめる。

「松の間」のテラスに造られた露天風呂、熱海温泉が楽しめる/Photo:The HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海
新築棟の客室のひとつ。熱海温泉はこの部屋でも。窓を全て開け放てば半露天風呂に/Photo:The HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海

また食のことばかりで恐縮だが、相模湾の高級地魚、海鮮が、地元野菜と共に見事なフランス料理に変身している。奇をてらわないフレンチは、新鮮な高級素材のすばらしさはもちろん、和の要素を採り入れた独自の熱海フレンチと言えそうだ。地産地消が基本という食事は、熱海という食材の豊かな地域ならではの恵まれた部分もあろうが、シェフである三浦賢也氏の美食へのこだわりが凄い。旬の地元野菜に加え、日本全国から取り寄せる高級食材、フランスからの稀少な食材と相俟って相模湾の恵みとタッグを組む。これは想像通り、グルマンでグルメなフランス料理が提供されている。

フランス料理のひと皿。どれも高級食材に驚き、繊細な美味しさに大満足の料理/Photo:The HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海

贅沢なのは客室造りや食事だけではない。館内には至る所にアンティーク家具や著名な画家の絵が飾られており、特に片岡球子氏の様々な顔の‘富士山’や、ジョアン・ミロの絵画など、まるで美術館のようである。

 

 Photo: The HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海

■ホテル情報

THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 熱海
静岡県熱海市熱海1993-237
Tel:0557-52-3301
http://www.hiramatsuhotels.com/atami/#access