元の上司には結婚の報告をしないのは何故なんだ!?

Illustration:Nao Sakamoto

心のふきだし#53

あの結婚話はどうなったのかな?こんなことがふと頭をよぎった。

先日、私がずっと個人的にお世話になっている金融会社の担当窓口の男性と話していたときのことだ。その彼は40代の課長職。これまで私の担当をしてくれていた彼の部下が、別の支社に異動になって以来、上司だった彼が担当をしてくれている。

以前の担当だった男性は当時20代後半で、一見「今どきの調子のいい若者」だったけれど、一生懸命対応してくれた。

何度も打ち合わせをするうちに、この担当者とプライベートな会話を交わすようになった。彼は「長年付き合っている彼女とそろそろ結婚することになりそうだ」と嬉しそうに話していた。婚約指輪をせがまれていて、お金がかかるから大変だとも言っていた。

そんなことをふと思い出し、今の担当者と最近打ち合わせをしていたとき、「前の担当の●●さんはお元気ですか?もう結婚されたのでしょうか」と聞いてみた。すると、彼は口ごもり「いや、それが結婚したらしいんですよね」と言う。

元部下が最近結婚したということは、社内の噂で聞いたのだが、本人からはなんの報告もないらしい。長年直接の部下だったのにも関わらずだ。違う支社に異動したとは言え、同じ都内なので上司に会おうと思ったら30分で移動出来る距離にいる。

しかも、最近たまたま仕事の用事があって会う機会があったのだと言う。「その時に聞かなかったんですか?」という私の問いに「こちらから尋ねるのもなんだかね、向こうから報告するものじゃないのかな、と気になりながらも聞けなかった」とのことだった。