1本の葡萄の木から20年、ワイナリーと里山感溢れる宿。新潟市のカーブドッチワイナリー&ヴィネスパ

「日本に本物のワイナリーとワインを……」と、1本の葡萄の木から始まった『カーブドッチ』は、すでに20年以上が過ぎた。2006年には2軒目の『フェルミエ』が隣りにオープン、続いて3軒目『ドメーヌ・ショオ』、4軒目『カンティーナ・ジーオセット』、5軒目『ルサンクワイナリー』と次々と開業し、現在は5つのワイナリーが隣接し合う一大ワイナリー地帯となっている。

カーブドッチ内には、宿泊施設、レストラン、温泉などが揃い、里山の総合娯楽施設ワイナリーへと成長している。

ここに泊まれば数々の美味なるオリジナルワインが賞味でき、新鮮な食材の料理と共に大満足の滞在となるのだ。地産地消のフレンチ・ジャポネ、窯で焼くパン工房、ドイツ仕込みの手造りソーセージやべーコンも楽しめるイタリアン中心のカジュアル・レストラン、手造りジェラートなど、それぞれが独立した1軒家であり、宿泊施設内にもレストランがあり、すべて制覇するには1泊ではとうてい足りない。新潟ならではの美味しい米、日本海の新鮮魚貝、里山の豊富な野菜……。

イタリアン・パスタを中心に、ドイツ仕込みの手造りソーセージやべーコン、地ビールも楽しめる『まき小屋』。
Photo: Kyoko Sekine

中でも、2009年春に誕生した日帰り温泉と宿泊施設の『VINESPA(ヴィネスパ)』は絶好調の人気を保っている。新たに掘り当てた湯量豊富な2箇所の源泉を使い、男女別の大浴場や露天風呂、岩盤浴も作られ、里山の柔らかい空気に包まれて葡萄畑の中で温泉三昧が可能だ。

VINESPAの外観。宿泊施設、温泉、レストラン、中庭などの他、AVEDAのスパサロンが併設。
Photo:Kyoko Sekine
「コテアコテ」カフェ。地元の新鮮フルーツからできる手作りアイスクリーム、薪の自然酵母石釜パン、スイーツなど。
Photo:Kyoko Sekine

また、ヴィネスパには、日本初の『AVEDA(アヴェダ)』のデスティネーションスパ型サロンもオープン。自然派で知られるアヴェダのトリートメントはこの施設内でも人気が高い。客室は1階には和室4室、2階には洋室3室が揃い、どちらも広くて明るい快適な部屋である。

これほど本格的なワイナリーと娯楽施設は、遊戯施設などを揃えず、食とワインと温泉を静かに楽しむ大人の里である。

『Cave D’OCCI』自慢のワイン。角田山の麓で1992年から、毎年堆肥を入れ、草生栽培をし、土作りを続け上質なワイン生産に。
Photo:Kyoko Sekine

Photo:Kyoko Sekine

 

■ホテル情報

CAVED’OCCI WINERY & VINESPA
新潟県新潟市西浦区角田浜1661
TEL 0256-77-2226
http://www.vinespa.jp/index.html