月光浴の後は花火!? 近くてすごい!熱海温泉の底力

オイシイ旅 #19

Photo:HIROKO ISHII

海から昇る月の灯りが紺碧の海を照らして「月の道」が浮かび上がる。わたしはこんな海が見たくて時々熱海へ旅にでます。熱海は東伊豆の入口、東側が海だから、朝のご来光は格別なのですが、それにも増して、わたしはこの幻想的な月夜の海に出会ってから、その魅力にはまっているのです。

目指すは熱海・伊豆山温泉。熱海駅から湯河原方面へ下った入り江にある温泉で、実は熱海温泉の歴史に欠かせない「走り湯」源泉がある場所。発見は720年頃ですから今から1300年ほど前、道後温泉、有馬温泉に並んで日本三大古泉と呼ばれる所以です。

走り湯はF洞窟の奥から滔々と流れる横穴式。温泉蒸気がもうもうと立ち込める源泉は地球のパワーを感じます。この温泉が湧き出る場所が地球のエネルギーと繋がっているからか、この入り江が風の集まる場所だからか、源泉のある場所から伊豆山神社の参道が始まり、かつては武将たちが、そして政財界や文人などが「勝運」をいただきに伊豆山温泉に逗留しています。

Photo:HIROKO ISHII

そんな走り湯に絶景を眺めながら入れるのが、ニューさがみやの展望露天風呂。男女別の露天風呂の他に、貸切風呂が3つ並んでいます。