鴨せいろの旨味とコクをその場で体験できるのが嬉しい ~そば処信州霧しな

Photo:Daisuke Uchida

そば処信州霧しな鴨だしせいろそば
種類 その他
評価 香り:★★★★★ コシ:★★★☆☆ 旨味:★★★★★ つゆ:甘みがあり、コクがしっかりある。

自宅で鴨ネギそばを楽しめるように研究して作られたそば(乾麺)と専用のつゆ。鴨とネギは焼いて、温めたそばつゆに入れて食べるというスタイルだ。

「温かい蕎麦もいいですよね。特にこの季節はね。うまい蕎麦屋のかけそばなんて、いいよね。ダシが効いててさ。それに鴨ネギはやっぱり美味しい。蕎麦屋のメニューの中のごちそうですよね」(前島)

蕎麦つゆは少し甘みがあって、そしてコクがある。美味しい。

Photo:Daisuke Uchida

「出汁の成分を見るといろいろな原材料が記載されていますね。だからか、複雑味があって振り幅広い。これは万人に受け入れられやすいかもですね」(藤崎さん)

鴨とネギを焦げ目がつくくらいまで焼いて、つゆに入れることで香ばしさとコクがさらに広がる。これだけが手間と言えば手間だが、このレベルの鴨せいろを自宅で食べながら年越しができるのならば、かなりいいのではないだろうか。

Text:Miki Ozawa

Photo:Daisuke Uchida

■DATA
そば処信州霧しな 鴨だしせいろそば 250g×10袋 3,028円
https://www.kirishina.jp/products/detail.php?product_id=352

※ 年内配送受付が終了している場合がありますので、予めご了承ください。

 

 

Photo:Daisuke Uchida
Photo:Daisuke Uchida

Profile:前島敏正(まえしまとしまさ)

https://allabout.co.jp/gm/gp/1442/
All Aboutそばガイド。蕎麦研究家。これまで食べ歩いてきたそば屋は約2000件。そば鑑定士、江戸ソバリエ、ソバリエ上級者などの資格を保有している。趣味はそば食べ歩き。

 

 

Photo:Daisuke Uchida
Photo:Daisuke Uchida

Profile:藤崎聡子(ふじさきさとこ)

ワインスタイリスト。ワイン専門誌『ワイン王国』で活躍した後、2003年独立。数々の雑誌でワインやレストラン関連の企画を中心にとした連載執筆などをする一方、セミナーや飲食店のワインコーディネートも手がける2014年に自身が主宰するシャンパンラウンジ『カーヴ シンデレラ』をオープン。