バランスが取れた美味いのに素朴な蕎麦 ~あずさ屋 火畑そば(飛騨)

Photo:Daisuke Uchida

火畑そば(岐阜県飛騨)
種類 その他(山芋入り)半生
評価 香り:★★★☆☆ コシ:★★★★☆ 旨味:★★★☆☆

標高1,000mの高山市高根町日和田地区。ここで育った蕎麦を使用して作られたのが火畑そばと呼ばれる。昔からこの地域は焼き畑農業していたためこう名付けられたとか。つなぎに山芋を使っているため、つるつるとした食感も特徴のひとつ。

Photo:Daisuke Uchida

「この香りは好き嫌いが分かれるかも。ねっとりした印象もあるから」(藤崎)。

「実際に焼き畑で蕎麦を栽培しているところが国内にはわずかにあるんですよ。そうすると蕎麦の雑菌がなくなると言われてて。こちらは、かつて焼き畑だったことが由来なんですね。ほんのり酸味があるような感じだけど、実際に食べるとすごく個性的なわけでもないですね」(前島)。

今注目の火畑そばも、この審査員の方々にかかってはなかなか手厳しいが、バランスが取れたいい意味で“素朴さ”を感じる蕎麦である。

Text:Miki Ozawa

Photo:Daisuke Uchida

 

■DATA

あずさ屋 火畑そば 1.5人前×2袋(180g×2) つゆ×3袋 648円(税込み)
http://www.azusaya.co.jp/SHOP/H00096.html

※ 年内配送受付が終了している場合がありますので、予めご了承ください。

Photo:Daisuke Uchida

Profile:前島敏正(まえしまとしまさ)

https://allabout.co.jp/gm/gp/1442/
All Aboutそばガイド。蕎麦研究家。これまで食べ歩いてきたそば屋は約2000件。そば鑑定士、江戸ソバリエ、ソバリエ上級者などの資格を保有している。趣味はそば食べ歩き。

 

 

Photo:Daisuke Uchida

Profile:藤崎聡子(ふじさきさとこ)

ワインスタイリスト。ワイン専門誌『ワイン王国』で活躍した後、2003年独立。数々の雑誌でワインやレストラン関連の企画を中心にとした連載執筆などをする一方、セミナーや飲食店のワインコーディネートも手がける2014年に自身が主宰するシャンパンラウンジ『カーヴ シンデレラ』をオープン。