なんと全長300mのプール!? ベトナムのアンサナ・ランコー

宿泊者の欲望 #45

ベトナムのランコーには、自然のままに美しさを残すビーチのひとつがある。観光開発が著しいベトナムに於いて、ここランコーのビーチは今以て際立つほどに美しい。

そして、手つかずだったこの“カン・トゥン・ビーチ”に、2013年2月、巨大なリゾートコンプレックス『ラグーナ・ランコー』がオープンした。

ラグーナ・ランコーの敷地内には、最高級ホテル『バンヤンツリー』と『アンサナ』の両ブランドホテル、そしてゴルフ場がすでにオープン。これから先には幾つかの高級ホテルもオープン予定だ。

アンサナ・ランコーの広大な敷地を俯瞰で見た様子。
Photo: Angsana Lang Co

開発の先頭を切ったのは、先日世界的大手ホテル運営会社『アコーホテルズ』と業務提携を発表した『バンヤンツリー・ホテルズ&リゾーツ』である。開発と同時に、3kmも続く美しい貴重なビーチや自然のために関係企業は環境保護を念頭に、周囲の自然や野生動物との共存、海亀の保護などに尽力している。

そして『アンサナ・ランコー』も同様、エコ・フレンドリーな対策が様々に講じられ、海亀の保護や海の生態系を守る等、幅広い活動も同時進行だ。

バンヤンツリーの最高級感に比べ、アンサナはより若い人にもアピールするホテルで在り、さらにファミリーでもカジュアルに楽しめると好評だ。