真っ黒、強いコシ。インパクトある個性派王者 ~音威子府そば(北海道)

Photo:Daisuke Uchida
Photo:Daisuke Uchida

音威子府(おといねっぷ)そば
種類 変わり蕎麦
評価 香り:★★★★★(蕎麦の香りとは異なる強い香り) コシ:★★★★★ 旨味:★★★★☆ つゆ:専用つゆの添付なし。市販のものを使用。

真っ黒で太い、インパクト大なこの蕎麦は、北海道音威子府(おといねっぷ)駅で食べられるご当地蕎麦。すぐに売り切れることで有名で、“日本一うまい駅蕎麦”とテレビなどのメディアで騒がれている品だ。

蕎麦の実の外側の殻まで丸ごと挽くことで真っ黒い蕎麦が仕上がった。太麺で強いコシ、ガツンとくる迫力は他に類をみない。

Photo:Daisuke Uchida
Photo:Daisuke Uchida

「うわ! これはすごい蕎麦だ。まるでイカスミみたいだね。最近、音威子府産の蕎麦粉を使った蕎麦が多いけれど、この蕎麦はその中でも個性的だね」(前島)。

「セクシーな香りがしますね。女の色気のような奥行きのある香りがしますね」(藤崎)。

まるで蕎麦ではないような香りを放ち、個性が際立つ蕎麦。好きな人は好きだろう、ハマれば病みつきになる可能性も。仲間で食べれば盛り上がること間違いなし。

Photo:Daisuke Uchida
Photo:Daisuke Uchida

温かい汁で天ぷらと一緒に食べても親しみやすいかも!? 話題作りのために一度試してみるのもアリです。

Text:Eri Koizumi

Photo:Daisuke Uchida

■DATA

音威子府そば・生麺紙巻き
生麺 2.5人分 内容量 350g 400円(税込み)
http://kuroisoba.shop-pro.jp

※ 年越しそばの注文は12/20まで
Photo:Daisuke Uchida

Profile:前島敏正(まえしまとしまさ)

https://allabout.co.jp/gm/gp/1442/
All Aboutそばガイド。蕎麦研究家。これまで食べ歩いてきたそば屋は約2000件。そば鑑定士、江戸ソバリエ、ソバリエ上級者などの資格を保有している。趣味はそば食べ歩き。

 

 

Photo:Daisuke Uchida

Profile:藤崎聡子(ふじさきさとこ)

ワインスタイリスト。ワイン専門誌『ワイン王国』で活躍した後、2003年独立。数々の雑誌でワインやレストラン関連の企画を中心にとした連載執筆などをする一方、セミナーや飲食店のワインコーディネートも手がける2014年に自身が主宰するシャンパンラウンジ『カーヴ シンデレラ』をオープン。