『シン・ゴジラ』の監督、樋口真嗣が愛する本、映画とは? ~樋口真嗣(映画監督)Vol.1

2016年の邦画を代表する作品となった『シン・ゴジラ』。徹底的にリアリティを追及し、これまでの日本映画の常識を遥かに超えた迫力の映像は、特撮マニア、ゴジラファンのみならず幅広い人々から高い評価を得て、異例のロングラン上映となっている。

この作品の監督・特技監督を務める樋口真嗣さんの仕事場の本棚を見せてもらえることになった。

30年あまり、日本の特撮映画シーンの中心に身を置き、自らを“ゴジラマニア”であることを認める樋口さん。棚の上にはゴジラをはじめとする怪獣のフィギュアがずらり。

国内外の特撮映画に関する本から、鉄道模型の本まで、樋口さんの創り出す映像の裏側を覗くことができるようなラインナップは、プロフェッショナルならではの知識の源と、本物の特撮好きの顔を観ることができる。

Photo:Shinji Higuchi

 

 

 

 

 

 

 

 

PROFILE:樋口真嗣(ひぐち しんじ)

映画監督。1965年東京都生まれ。1984年にゴジラの怪獣造形に携わり、映画界に足を踏み入れる。1995年には、『ガメラ 大怪獣空中決戦』の特撮監督を務め、日本アカデミー賞特別賞を受賞。2005年に、『ローレライ』で映画監督としてのデビューを果たす。監督作品は、『日本沈没』(2007年)『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(2015年)『シン・ゴジラ』(2016年)など。
現在はオーバーロードに所属し、人口知能の研究を行う企業であるユビキタスエンターテイメントのチーフ・ビジョナリー・オフィサーも務めている。

Photo:Shinji Higuchi
Photo:Shinji Higuchi

—迫力満点の本棚ですね! 

仕事部屋なので仕事関係の本しかないのですけども、仕事部屋の壁を全部本棚にしたら床が沈み始めてビビってます。

 

—棚の上のゴジラをはじめとする数々のフィギュアは、何がどんな基準で集められて並んでいるのでしょうか?

好きなもの。デキのいいもの、落ちても壊れないもの。頭の上に落ちても痛くないものです。

 

—黒澤明や市川昆など、日本の名監督に関連する本からジブリ映画の絵コンテ作品集、AKIRA、ガンダムなどのアニメ映画まで幅広いラインナップですが、これまでどのような映画や監督に影響を受けてこられましたか?

いい映画を作った監督は尊敬してます。とくに日本という限られた環境で素晴らしい作品を残してきた監督の仕事の仕方を知りたいのです。

 

—「シン・ゴジラ」以前から自他ともに認めるゴジラマニアでいらしたそうですが、ゴジラ関連の本でお好きなものは?

東宝の映像事業部が1983年に出した自社のクロニクル本です。

主観的なレビューを排して徹底的な取材のみで構成された硬派な誌面が素晴らしいのです。