あのスティングが作ったトスカーナのビオ・ワイン!?

ワイン縦横無尽 #29

Photo:Tadayuki Yanagi

フィレンツェの南東30キロに位置するテヌータ・イル・パラジオ。東京ディズニーリゾートを優に超える350ヘクタールもの土地に、ブドウ畑やオリーヴの木が植わり、ワインやオリーヴオイル、それに蜂蜜も造られている。このエステイトを所有するのは誰あろう、UKポップ界の大御所、スティングだ。

先日、ニューアルバム『ニューヨーク9番街57丁目』のプロモーションため6年ぶりの来日を果たしたスティング。仕事の合間を縫い、限られたプレス関係者に自身のワインをお披露目した。

スティングが妻トゥルーディとともにこのエステイトを手に入れたのは14年前。1500年にまで遡る長い歴史やトスカーナの牧歌的な美しさに惚れ込んだ彼らだが、真の決定打はワインだったという。

Photo:Tadayuki Yanagi

「前オーナーのサン・クレメンテ公爵がワインをふるまってくれた。それがあまりにも美味しくて、よし、買うぞと決めたんだ」。

だがしかし……。