アートと IT は、街を世界を浄化し、再生する力を持っている!?

フェスティバルの主催者と話をしていると、私の講演が開催される建物は街の中で特に古い建物で、私の講演を最後に取り壊されることが決まっているとのことだった。もちろん、その建物も外壁は芸術性の高いストリートアートで覆われ、室内は何度張り替えたか解らない壁紙の張り替え後で埋め尽くされていた。そんな建物の最後の講演者に選ばれたことを非常に名誉に感じた。

ベルリンは今生まれ変わろうとしているという。東西ドイツが統合され、東の古い建物が取り壊された今、東西が真に融合しようとしている。

アメリカで初めてスプレーで落書きされている建物を見たときは、何か危険な感じさえしたのを覚えているが、今日見るベルリンのストリートアートは危険よりも、壊れかけた街を再生するための浄化機能を担っているようにも感じる。ストリートアートが街に溶け込んで、本物のアートになっているように感じるのだ。人の歴史をまといながら崩れていく古い建物は、アートによって一瞬息を吹き返す。

そしてその後にやってくるのが新しい産業であるITだ。ITは場所を選ばない。故に、古い町が生まれ変わる途中からも、ITはアートの後に続いて浸透し始める。私が最後の講演をした古い建物の周りは、既にデザイン性の高い新しい建物に生まれ変わり、その中で多くのプログラマやCGデザイナが働いていた。

アートとITはこのように街を世界を浄化し、再生する力を持っている。

 

Photo:Hiroshi Ishiguro