美容室ジプシーならぬシャンプージプシー!? から脱出するススメ

現在、日本で発売されているシャンプーやトリートメントは軽く1000種類を超えます。その中でもプロフェッショナルメーカーと呼ばれるプロ向けのメーカーが作るものをおもに美容室では販売しており、また、その美容師の技術に合わせてヘアコスメを販売しています。

素髪をヨシとしているサロンもあれば、アイロンで巻くことが大前提でヘアスタイルを作るサロンもあります。そして髪の傷み方もその美容室の技術によって変わってくるのもの。

実は、一般の方々が思っている以上に美容師の技術にはさまざまな考え方があるので、その考え方にあったヘアコスメを選ぶことが大事なのです。

今では、簡単にネットなどでプロフェッショナルメーカーのヘアコスメも手に入るようになり、そこには多くの口コミも存在するようになりました。

でも、そもそもカットの仕方がその人それぞれで違うのに、その顔の見えない口コミを信用してしまうことに大きな落とし穴があるのです。

ここまで読まれた方は気づくかもしれませんが、“シャンプージプシー”という現象は、消費者自身が引き起こしてしまう現象なのです。

当たり前のようですが、シャンプージプシーを脱出するには、やはり自分の美容師を信じること。そこから始まるのです。

 

Photo:HAIR CATALOG.jp – http://www.haircatalog.jp/