『テルマエロマエ』を産んだ、国境なき本棚の中身とは? ~ヤマザキマリ(漫画家・随筆家)Vol.1

『テルマエ・ロマエ』『スティーブ・ジョブズ』などの作品で知られる漫画家のヤマザキマリさん。現在、イタリアをベースに活動するヤマザキさんにイタリア、日本両方の本棚を見せてもらった。あの精緻な描写を実現するために読んだ数々の資料本と共に、安部公房をはじめ国内外の作品が並ぶその本棚からは、かなりの“本好き”の横顔が垣間見える。ヤマザキさんの作品に漂う独特な世界観や、史実の捉え方のヒントはこの本棚にありそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

PROFILE:ヤマザキマリ

漫画家・随筆家。1967 年東京都生まれ。1984年に渡伊し、フィレンツェの国立アカデミア美術学院入学。’97年漫画家デビュー。イタリア人の比較文学研究者との結婚を機に、シリア、ポルトガル、アメリカを経て現在 はイタリア在住。2010 年古代ローマを舞台にした漫画『テ ルマエ・ロマエ 』で第3回マンガ大賞受賞、第14回手塚治虫 文化賞短編賞受賞。世界8か国語に翻訳される。著書に『モーレツ!イタリア家族』『プリニウス』(とり・みきと共著)、文筆作品では『国境のない生き方』『マスラオ礼賛』等多数。平成27年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。

 

—イタリアと日本の本棚のラインナップがかなり似ていますね。どのように使い分けていらっしゃますか?

現在約1ヶ月おきにイタリアと日本を往復しています。その都度資料で必要になるかもしれなかったり、読み返したくなる書籍を持って移動するのは本当に大変なので、どちらの本棚にも必然的に同じタイトルの本が揃っています。

リスボンにも家があるのですが、そこにも同じ本が置かれていたりするので、場合によっては同じ本がトータルで3冊あるということになります。

 

—それぞれご自宅のどこに置かれていますか? また、本棚の並べ方にこだわり、ルールなどがあれば教えてください。

主に仕事部屋です。ルールなどは特にありませんが、創作の資料として使いそうな本は同じ棚にまとめてあります。

 

—本を読んで、「これをテーマに漫画にしてみよう」と思われたようなことはありますか?

本の内容そのものを漫画などの表現にしたいと思うことはありませんが、本棚を眺めていて、そこに並ぶ作品の作家達自身のバックグラウンドや人生を漫画にしたいと思うことはしょっちゅうあります。

ただし、作家が特定されない、図録や図鑑、調査本等を見て、そこに記録されたものをネタに漫画にしてみたいと思うことはあります。