思いっきり泣きたいならば、『ラ・ボエーム』を御覧なさい

週刊ファッション日記 番外編

「ラ・ボエーム」第1幕。灯りの火を借りに来たミミとロドルフォ

「日本人の好きなオペラランキング」というのがあるらしく、検索してみると第1位は「ラ・ボエーム」(プッチーニ)だという。第2位は「椿姫」(ヴェルディ)。他のランキングを覗いても大体この2つが競り合っている。

日本人というのはやっぱり、「新派」みたいなオペラが好きなようだ。「別れろ、切れるは芸者の時に言う言葉。私には死ねとおっしゃってくださいな」(泉鏡花「婦系図」の女主人公のお蔦の台詞)という、まさにそんな感じの2つのオペラではある。不思議なことに「ラ・ボエーム」と「椿姫」は、2つともにパリを舞台にしたイタリアオペラである。

ただ、いくら涙腺がゆるくなったからと言って新派の「婦系図」を観て、私は泣けない。なぜか「椿姫」を観て泣いたことは一度もない。「酷い話だなあ」といつも思う。一方で、これがヴェルディの凄さだとも思う。悲劇を冷徹に見る眼でオペラを作曲している。

片やプッチーニの「ラ・ボエーム」、いやあ「なんてミミは可哀想なんだろう」と目頭が必ず熱くなる。これがプッチーニの上手さなのである。

新国立劇場で「ラ・ボエーム」を観たが(11月17日初日)今回は絶対に泣かないぞと心に決めても、やはり涙ボロボロ。なぜ「ラ・ボエーム」はお涙頂戴オペラの傑作かと言えば、理由は簡単だ。それはこのオペラのテーマが「青春」だからである。誰にでもあるほろ苦い青春の1ページ、それを名旋律で描き尽くしている。

第2幕、クリスマス・イブで賑わうカルチェラタンにロドルフォとミミは友人たちと繰り出す

今回の公演で何より驚いたのは、女主人公ミミの恋人役ロドルフォを歌ったテノールのジャンルーカ・テッラノーヴァ。とにかく凄い声。声がビンビンに届いてのけぞるほど。とにかく絶好調だった。この役を十八番にしていたパバロッティのような柔らかくてヌケの良いリリコではなくて、往年のベルゴンツィを思わせるようなロブストなテノール。参りました。それに風貌がまさにロドルフォなのである。このオペラ、ミミが主人公だと思われがちだが、ロドルフォこそが主役だと思わせた。