shutterstock_346967984

 

美意識とセンスと、

極端なまでに偏ったクリティークのコラム・マガジン「Byron」

 

上質な大人のメディアがWEBサイトにはない、とよく言われます。
でも、それって無い物ねだりではありませんか!?

そもそもメディアとは“俗っぽい”ものなのです。WEBだけでなく、面白いメディアは紙でも放送でも、“俗の極み”に近づいていくものです。

高踏よりも低俗を、大人よりも女子どもを相手にするのが古来メディアの常道です。さらに今や、専門家の評論よりも、フツーの個人のナマの体験が多数を制するデジタル民主主義のご時世、SNSの時代です。

でも、読みたいメディアがありません。どうすればいいの?と、考えました。

結論は、わかりやすさに組せず、新しさだけで善しとしない。
美意識とセンスと、極端なまでに偏ったクリティークのコラム・マガジン。

『Byron』は古強者たちが集まった、思い切り偏屈なメディアです。

Byron編集長 斎藤和弘